不動産業者がマンション査定で重視するポイント

築年数も当然ながら重要なポイント

西向きや東向きは若干低く、北向きなら大きく下がると覚えておけば問題ありません。
築年数も当然ながら重要なポイントで、一般的には新しいほど高評価されます。
また築年数は、1981年以前と以後で大きな差があります。
1981年は耐震基準が大きく変わった年で、それ以前だと地震に弱い恐れがあるので高く評価されません。
耐震補強工事をしている物件なら変わらない評価を得られますが、新基準に適応していればマイナスにはならないでしょう。
保守やセキュリティ対策がしっかりとしていることも査定では重要で、定期的なメンテナンスがされていると不動産業者からの印象も良くなります。
管理組合がメンテナンスや大規模修繕工事を行っているなら安心感も高く、公共部分の管理もしっかりとされており、物件自体の印象も良くなるでしょう。
また防犯カメラなどのセキュリティ対策だけではなく、管理人が24時間常駐しているのも安全性では重要です。
管理が行き届きセキュリティ対策も施されていると、マンションの査定価格は期待できます。
古いマンションだと評価は低くなりがちですが、使用状況やリフォームをしていたら高くなることもあります。
綺麗に使用しフローリングや壁紙に汚れや傷が少ない、リフォームをしてから日が浅く新築に近い状態なら、築年数が古くても相場より高くなることはあります。
ただし印象を良くするためにリフォームをしても、赤字になる可能性が高いです。
売却前のリフォームは逆効果になる可能性が高いので、高く売るためだけに工事をするのはやめておきましょう。
マンションの査定価格は、このようなポイントで決められています。
ですから基本的に売主本人が、高く売るためにどうにかできるものではありません。
掃除や片付けをして綺麗な状態にしておくなどのコツもありますが、基本的に自力でどうにかできる範囲で大幅アップすることはありません。
しかし相談する不動産会社によって、評価で重視する点は変わってきます。
ですから少しでも高く売りたいなら、いくつかの不動産業者から見積もりを出してもらい、価格の比較をしながら決める流れが重要になります。

不動産業者が物件を評価するときに最も重視するのが、立地立地条件とともに重要となるのが、周辺環境築年数も当然ながら重要なポイント