不動産業者がマンション査定で重視するポイント

立地条件とともに重要となるのが、周辺環境

不動産業者が物件を評価するときに最も重視するのが、立地立地条件とともに重要となるのが、周辺環境築年数も当然ながら重要なポイント

多少最寄り駅から離れていても、マイカーを停められる駐車場が豊富にあれば影響は最小限です。
最寄り駅からある程度離れていても、バス停が近ければアクセスが良いとされます。
基本的には最寄り駅から近い方が良く、ターミナル駅であるほど立地条件では有利です。
立地条件とともにマンション査定で重要となるのが、周辺環境です。
物件から徒歩圏内にスーパーなどの商業施設があるか、子どもが通える小学校や中学校があるかなどなど、生活に必要不可欠な施設が揃っているほど高く評価されます。
他にも病院・郵便局・公園なども査定に影響するポイントで、周辺環境が充実しているほど高額を期待できます。
周辺環境が与える影響は、生活に必要不可欠な各種施設だけではありません。
周辺道路の交通量も重要で、例えば大型トラックが行き交う高速道路や国道が側にあると、騒音の問題が発生し評価はマイナスになります。
騒音が気になる場所に立地している場合は、高速道路の防音壁や壁や窓の防音性能まで重視されます。
眺望や方角も重要なポイントの一つで、お案じ物件でも階数が高くなればなるほど高評価です。
美しい景色や夜景が楽しめる眺望は大きな魅力になるので、不動産業者のスタッフにも積極的にアピールしましょう。
ただし美しい景色を楽しめる方角に高層物件の建設予定があると、残念ながら評価は下がります。
方角は基本的に日当たりが良い南向きが良く、さらに角部屋ならアップを期待できます。

マンション査定の相場はどうなっていますか? https://t.co/tuOfPSfFjA

— 車査定博士 (@car_satei) 2019年2月1日

マンション査定マンション査定のコツ!相場以上の価格で売却したいならコノ方法だ!